経験があればスキルなしでも転職できる

かつてのように職を変えることが難しい時代ではなく、その点で言えば一度合わない企業に入っても絶望しなくて済む情勢にはなってきています。
しかしながら、依然として転職は新卒採用と比べて厳しい問題もあります。それは何と言っても中途採用=即戦力にならなければならないという事情があるからです。

まず、新卒採用と中途採用では企業から求められていることが異なります。新卒採用ではこれからどう成長させられるかが重要なのに対し、中途採用では今すぐ役に立ってくれるかが重要になります。
成長に期待するだけなら新卒採用の方が都合が良いわけです。よって、中途採用で即戦力になるにはスキルなり、資格なりがあった方が有利なのは言うまでもありません。

ところが一般的な大学に入って普通にアルバイトをし、卒業後には就職してすぐに辞めてしまった場合スキルなしで企業を探すことになります。
では、スキルが無ければ転職できないのかといえば決してそんなことはありません。一度企業に入って中身を見た経験、また長期間のアルバイトでの経験、スキルとは呼べないまでも新卒の方より長く生きていることで培った経験が中途採用を下支えしてくれます。

自分の経験を活かせる再就職先を探すことが重要です。
有名大学を出て鳴り物入りの新卒と同じ土俵で戦う必要はありません。長くアルバイトをしていたなら、どんなアルバイトでも未経験者とは比較にならない力が身についています。
様々なバイトを転々としたなら人を見る目が養われています。海外旅行が好きなら各国の本場の料理を食べた舌が育っているかもしれません。いずれにしてもスキルや資格に表れない、見えない能力を見つけることが大切です。